「全国お国自慢旨いものフェアin京都

「全国お国自慢旨いものフェアin京都」は、明日朝11時、日本酒で乾杯からスタートします。どうぞお集まりください。 京都府のブースでは、京のブランド野菜のひとつ、九条ネギをたっぷり使った「九条ネギのねぎ焼き」が登場します。また厳選された伏見の清酒も堪能していただけます。 ※京都市清酒の普及の促進に関する条例  その京都から清酒による乾杯の習慣を広めることにより,清酒の普及を通して日本人の和の暮らしを支えてきた様々な伝統産業の素晴らしさを見つめ直し,ひいては日本文化の理解の促進に寄与することを目的に,全国で初めて「京都市清酒の普及の促進に関する条例」を制定し,平成25年1月15日に施行しました。

 

(九条ねぎの歴史)

九条ねぎは、奈良時代(和銅4年(711年))には京都で栽培されていたと言われています。

また、弘法大師が東寺付近で大蛇に追いかけられ、ネギ畑に隠れて難を逃れたことから、弘法大師の縁日である21日にはねぎを食べるのを遠慮する風習があるなど 京都の人間にとってとても縁の深い食材です。

 

(九条ねぎの美味しさ)

すき焼きなどの鍋物やぬたなどに用いられるほか、麺類の薬味としても非常に人気が高いです。